内樋新規取付 vol-2

 先日の続きです。既存の内樋を固定しましたら、いよいよ新しい内樋を入れます。今回の現場は全長で13m。1本あたりの長さを5m程度で加工しました。接続部分は谷コイル専用のタニシールを使用しました。このタニシール、高額商品です。通常のシーリング材と比較しますと、シリコンの10倍以上の単価です。しかし、それに見合う品質です。粘着性、耐久性が抜群で劣化の速度が遅いのです。やはり、よいものは高いのです。そして、長い目で見れば経済的です。
画像

画像


 落し口も新規に作らずに既存の落し口を使いました。内樋に切込みを入れて流し込むように加工しました。ここでも内側からタニシールを充填し、防水性を高めました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック