国防

 北朝鮮のミサイル発射予告に伴い、国内は緊張状態が続いています。万が一の事態に備えて日本はイージス艦や迎撃ミサイルで対応しようとしています。田中防衛大臣の資質が問われていますが、それを任命する総理大臣の責任も問われるべきだと思います。国防の問題は政治家が立候補する際にも、なかなか選挙公約に挙げられません。挙げても票にならないからだと思います。

 国防は最悪の事態から考えた方がより現実的な対応ができるのではないでしょうか?誤解のないようにお伝えしますが、私はマイナス思考ではありません。国を守るという観点が日本人には稀薄しています。一番理想的なことではありますが、無防備の平和などあり得ないことだと思います。私はある政治家の発言に同感です。「軍事力は抑止力。軍事に精通すれば、「これを使ったらどうなるか?」ということは誰でもわかる。だから使わない。よって平和が生まれる。準備に準備を重ねて結局のところ、何も起こらなくてよかったじゃないか・・・」。

 この発言、自民党の石破茂氏の発言です。まさにこの感覚だと思うのですが。今のこの時期だからこそ、やはり、防衛大臣は石破氏に就いていただきたいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック