新市長誕生

 前橋市長に山本龍氏が当選しました。今後は公約をどこまで達成できるかが焦点です。新清掃工場建設の凍結、前橋美術館整備の見直しをどのように対処していくのか・・・?そして、企業に対しては事業所税撤廃を掲げていました。現在の前橋は企業が外へ出ていくばかりの状態です。その空地にはショッピングモールが建設され、これはこれで飽和状態です。その影響もあるでしょう?小売業は顧客確保に必死です。また、中小零細企業は厳しい状態の中で耐えています。企業に対しての優遇措置を施し、雇用を増やすことによって街が元気になる・・・。市民がお金を街の中で使い、お互いが持ちつ持たれつの関係を築く・・・。同感です。

 群馬県と前橋市がコミュニケーションをとれる状況になったのもよいことだと思います。県都前橋再生のためには必須です。時には前橋市だけの枠組みだけで考えるのではなく、近隣の高崎市との共存も視野に入れて行動した方が効果的ではないでしょうか?都市間競争に終止符を打ち、群馬県県央部の発展が前橋の発展につながると思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック