折板改修 vol-3

 タイトフレームの次は、新規の場合は屋根葺きへと移行する訳ですが、改修の場合は、軒先部分も事前に処理しておかないといけません。現状はこのような状態でした。
画像

 この納め方は、現在ではあまりされていません。軒先の手前で穴を開け、その下に軒樋を設置して屋根面の雨水を受けます。この納め方の最大の短所はメンテナンスができないことです。ほこりやゴミが軒樋に堆積しても掃除ができず、時間の経過と共に軒樋の機能を低下させてしまいます。上記の写真をよくご覧ください。穴の部分が光っています。これは常時、雨水がたまっていて、反射しているのです。おそらく雨が降っても軒樋の落し口(ドレン)には流れずにあふれてしまっているのではないでしょうか?

 今回は新規の屋根をこのような納めにはしません。新規の屋根の長さを既存の屋根より少し短めにします。そして、掃除ができるように外に出します。既存の屋根は鉄骨の梁付近のラインで切断します。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック