折板改修 vol-2

 改修用タイトフレーム取付けます。タイトフレームは折板(屋根材)の下地、骨組です。タイトフレームが折板を支えています。現状の屋根には下の写真の下のタイトフレームがいます。そして、今回、取付けようとしているのが下の写真の上の改修用タイトフレームです。商品名「ふき葺きⅡ型」です。これを既存のタイトフレームにビス止めします。ちなみに、下の写真の下のタイトフレームが既存のタイトフレームです。
画像


 イメージしてみてください。このような感じになります。
画像



 それでは実際の現場で施工してみます。ビスは鉄骨用のビス、六角頭のヘックス5×35を使用しました。プラスのピットで止めるシンワッシャーでもよいのですが、インパクトドライバーで止める際に滑りやすく、不安定になってしまいます。ヘックスの六角頭の方がしっかりと安定し、グリップ性も抜群です。
画像

画像


 改修用タイトフレームが取付け完了です。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック