折板改修 vol-5

 屋根が葺き終りました。折板は施工性の早さが身上です。水上部分は立上げ加工をしてエプロン面戸の二重構造です。折板は基本的にはタイトフレームの剣先ボルトを貫通させて止めます。タイトフレームは梁の上にしかおりません。梁と梁の間は折板が重なっているだけで、雨が侵入しやすく不安定です。それを解消するために中間ビスで折板を固定しました。
画像

画像


 端部はケラバ包み、水上には雨押えを取付けました。いずれも現場寸法を採寸し、加工しました。雨押えと外壁の取合いは三角シールとしました。そして、今回の一番の注目は軒樋です。これまでと違う点は、雨水を外で処理ができ、清掃も容易であることです。
画像


 竪樋も今回は外壁を這わせました。棚受に近い金具を使用し、その上に竪樋を通し、Uボルトで押さえました。外壁はALCでしたので、止めるのは「ITハンガー」を使ってALCを貫通させて止めました。
画像

画像


 以上で終了です。改修工事は現場の状況に合わせて施工しなくてはいけません。経験がモノを言います。これまでの経験の蓄積が様々なアイディアを導き出してくれます。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック