期日前投票

 最近、よく感じることは「期日前投票」です。これは本来、投票日にどうしても都合がつかない有権者のために事前に投票できるシステムだったはずです。しかし、「投票日は日曜日なので遊びに行くから・・・」とか、立候補者側も「今すぐに投票に行ってください!」と有権者に投票を促しているシーンをよく見かけるようになりました。毎日が投票日になってしまったような気がします。投票率も上がらない状況ではこのように言ってしまうのも致し方のないことかもしれません。しかし、何か違うような気がします。

 もうすぐ投票日です。最後まで立候補者の政策を検討して結論を下しましょう。選挙離れが深刻になっています。一番よくないのは無関心であることです。何も発信しないことは何も伝えられません。「どうせ、世の中変わらない・・・」と思うのではなく、白票でもそれなりの発信力はあると私は思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック