風評被害

 今回の原発事故の影響で、農産物等の出荷停止が続いています。「放射性の数値も人体には影響がない」というにもかかわらず、「原発の近隣地域のものは危険だ!」という意識が先走り、敬遠しています。専門家が「日常生活を行う上では問題のない摂取量」と言っているのですから大丈夫でしょう。毎日、大量に食べ続けていても相当な年数を要します。その前に寿命が来てしまうでしょう。

 そんなことを気にしている割には、普段の日常においても微量の放射性物質は受けていることには無関心です。飛行機に乗っている際もそうです。レントゲン撮影もそうではないですか?この点においてはスルーなのです。今回の騒動もメディアの報道姿勢にあると思います。不安を募らせるような伝え方は避けた方がよいです。困っている地域を迅速に伝え、「何がどれだけ必要です」といった情報を伝えた方が有益です。

 「日本人は扇動されやすい」と以前も書きましたが、この風評被害もそうです。「何が正しいか?」を自分で見極める姿勢が今、求められます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック